日本語 English

お問い合わせ

サービス/教育/​公共/ヘルスケア​

主な課題

IT技術の普及に伴い、生活に密着したデジタル社会が広がっていきます。教育現場やヘルスケア・公共サービス分野で、様々なデジタルサービスが展開されていきます。デジタル社会の広がりの中で、市場ニーズに合わせたシステム開発とサービス展開が求められます。

SHIFT
SHIFT
  • デジタル技術の普及に伴う
    新サービスへの対応と差別化
  • デジタル社会の市場ニーズ
    に合わせた柔軟な対応
  • デジタル社会における
    新しい公共サービスが発展する

SHIFTの解決策

SHIFTは、発展するデジタル社会における新しいサービスのシステム開発において効率的なシステム開発と品質向上を提供します。新しい公共サービス・教育・ヘルスケア分野において豊富な実績でシステム開発を支援します。

支援サービスの紹介

支援サービスの紹介

支援事例

アジャイル・脆弱性診断

  • 目的

    品質向上、バッグログ解消

  • フェーズ

    スクラム内QA、スクラム外テストチーム

  • 実施内容

    スクラムマスター支援、QA推進

  • テスト規模感

    8人月/毎月

  • 特徴

    基幹システムのβリリース後、順次ユーザ要望を取り込むため、スピードを重視したアジャイル開発を推進中。複数スクラムの中にSM支援、QA推進を配置し、標準化と高速回転を支援。スクラム外にテストチームを配置し、今現在はバッグログの解消に貢献。今後自動化推進予定。

パッケージで統一マイグレーション

  • 目的

    網羅性が高いテスト設計と、実行の生産性向上

  • フェーズ

    内部結合・受入テスト

  • 実施内容

    現新比較テスト

  • テスト規模感

    5人月/3ヶ月間

  • 特徴

    医療用PKGのバージョンアップ(DBMS変更)に伴う現新比較。DB機能の違いによる不具合発生を防ぐため、網羅性の高いテスト設計が必要であった。また、CSV(コンピュータ化システムバリデーション)に準拠しながらのオン・オフ(ニアショア・オフショア)ロケーションでのテスト作業分担や、機能・非機能試験、双方のタスク・スケジュール管理という難易度の高いサービス提供を、質の高いPMによりワンストップで実現。

基幹システム刷新プロジェクト CAT利用

  • 目的

    テスト管理工数の削減、即時性の追求

  • フェーズ

    内部結合テスト・受入テスト

  • 実施内容

    10社へのCAT導入と、可視化カスタマイズ

  • 特徴

    他社製ツールで課題管理を行い、テスト進捗管理はExcel+Accessツールを全100チームで活用していた。リアルタイム性や、メンバー毎の進捗管理集計の煩雑さに課題があり、CATの採用を決めた。BIツールとの組み合わせで各管理層向けのグラフィカルな管理画面と組み合わせて提供。管理工数削減と課題の見える化、リアル化に貢献。

SHIFTサービスの
ラインナップはこちら