日本語 English

お問い合わせ

お知らせ

2019.07.31

  • NEWS

SHIFT、SAP品質保証サービスの提供を本格開始

2025年に迫るSAP ERPの保守サポート終了に向けて、高まる市場ニーズ
SHIFT、SAP品質保証サービスの提供を本格開始

ソフトウェアの品質保証・テストを提供する株式会社SHIFT(本社:東京都港区、代表取締役社長:丹下 大、東証マザーズ:3697、以下SHIFT)は、2025年に迫るSAP ERPの保守サポート終了に向けて高まる品質保証ニーズにこたえるため「SAP品質保証サービス」の提供を本格的に開始したことをお知らせいたします。

取り組み開始の背景
企業向けの基幹システムとして25年以上にわたり市場を席捲してきたSAP ERPの保守サポートが2025年で終了します。それまでに、多くのユーザー企業が新製品である「S/4HANA」への移行か、新たに基幹システムを再構築するか決断を迫られている状況にあります。日本でも、SAP ERPの業界における導入シェアは大きく、ゆえに、今回の移行には膨大な時間とリソース、コストがかかることが予想されます。
さらに、移行に際した支援ニーズが重なることから、SAP専門コンサルタントが不足し、移行プロジェクトにおける“品質の低下”や “スケジュール遅延”などが危惧されています。

通常、基幹システムに関わる業務は、部署・人材・データが複雑に連携しており、「S/4HANA」へのスムーズな移行には、SAP領域だけでなくSAP領域外の周辺システムまで可視化・管理できる横断的視点と、それらに付随する“品質保証”の幅広い知見を欠かすことができません。

このような課題を抱える業界において、これまで10年以上にわたり業種、製品を問わずお客様のプロジェクトに携わり、品質保証の知見を蓄積してきたSHIFTだからこそできる役割があると考え、この度のサービス提供を開始することとなりました。

SAP品質保証サービスの概要
SHIFTは、テスト・移行検証業務・ユーザートレーニングに適した品質保証ノウハウを提供し、SAPのマイグレーションで発生する「品質」「コスト」「リソース」に関連した課題の解決に取り組みます。

サービスは、大きく以下の3つの要素で構成します。
●品質保証PMO
 第三者的な立場でSAPと周辺システムを横断的かつ上流から下流までの一貫した品質管理を実現
●テストアウトソーシング
 SAP標準シナリオや標準観点を熟知したSAPテスト専門部隊が無駄なくテストを実施し、プロジェクトコストの低減を実現
●ユーザー運用サポート
 ユーザートレーニング・稼働後の運用支援にテスト参画者を起用し、ユーザー負荷の低減を実現

日々進む技術革新と競争環境の激化のなか、たとえ多くのユーザーに長く活用されたツールやシステムでも、次世代へ向け、新技術を搭載した新たな製品へその役割を引き継ぎ、サポートが終了することは避けることができません。しかし、業界シェアが大きければ大きいほど、移行にかかるユーザーの負荷と起こる不具合の影響範囲は計り知れないものです。

SHIFTは、ソフトウェアシステムのライフサイクルのなかで多くの製品が直面するマイグレーションに対して、導入過程で発生する開発業務に追従したソフトウェアテストのみならず、システム移行プロジェクト全体をスムーズに遂行するためのマネジメント業務、移行完了後の実業務への導入支援、トレーニングを一貫したサービスとして展開し、移行における必要コスト、リソース、また移行後における業務の生産性低下を最低限に抑えるための取り組みを追求していきます。

SHIFTは、業界環境の変化に対し、ソフトウェアの品質を守ることにより、企業価値の向上と人々が日々をより安心・安全・快適に過ごせる社会の実現を目指してまいります。


「SHIFT SAP品質保証サービス」の詳細はこちらから:
https://topics.shiftinc.jp/service-sap/


■本件に関するお問い合わせ
【本サービスに関するお問い合せ先】
株式会社SHIFT 営業本部 マーケティンググループ
TEL:0120-142-117
E-mail: marketing@shiftinc.jp
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社SHIFT 広報室
TEL:03-6809-2994
Email:pr_info@shiftinc.jp
  • アーカイブ

  • カテゴリー