オフショア開発型品質支援 サービスのご紹介

オフショア特有の品質・プロジェクト推進の悩みを丸ごと解決

オフショア開発とは

オフショア開発とは、ソフトウェア開発などを海外にある子会社や開発会社に委託することを指します。開発の主軸を海外の委託先に任せるケースもあれば、データ入力やサポート業務など作業を切り分けて委託するケースもあります。

 

一般的にはコストを下げつつ開発が行えるというメリットがある一方、海外のスタッフと上手くコミュニケーションできなければロスが生じ、品質にも影響が出る可能性があるなど、気をつけるべき点も多くあります。

オフショア開発のメリット

ITが急速に成長をつづける一方、日本はIT人材が不足しているといわれています。オフショア開発の大きなメリットは、日本よりも比較的低予算で高いレベルの人材を確保できる点です。さらに、オフショア開発先ではソフトウェアなどの開発を行うというのが一般的なイメージですが、近年ではソフトウェアテストを行うケースも増加しています。

 

また、オフショア開発先の拠点としては中国やインド、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国への委託が多く行われています。特にベトナムは近年、開発力が高まっているといわれており、若手のITエンジニアが多く誕生していることから、リソースを確保するだけでなく開発やテストの品質を維持しつつ委託することが可能です。

オフショア開発先での開発とテストの課題

オフショア開発で行う開発やテストにメリットがある一方で、「開発やテストの品質が不安」「言語や文化の違いによって、仕様書などのドキュメント作成に課題がある」「コストが膨れてしまわないか心配」といった声もたびたび聞かれます。

 

これらを解決するためには、特に2つのポイントが重要になります。

 

1つ目は、日本での開発やテストの豊富な知見があり、要件定義書やテスト仕様書などの上流工程で、根本的な課題がどこにあるのかを分析できることです。さらに、日本基準の高品質を実現する手法を提案できることも重要になります。

 

2つ目は、オフショア開発先の事情や言語に精通し、マネジメントを円滑に行うことができることです。日本とは文化的背景などが違うため、ドキュメントの翻訳ミスや必要とされる情報の差異があり、それによって誤解やミスなどが生じることもあります。それらを理解したうえで、日本の品質基準を満たすことができるプロジェクトの進行と管理が必要になります。

 

以上のようなポイントを踏まえることで、高品質で比較的コストが膨らむことを抑えた、オフショア開発先での開発やテストが期待できます。

こんな課題解決をサポートします!

  • オフショアで開発を行うと品質が悪くて困るが、改善するための方法がわからない。
  • 要件を正確に伝えるために、仕様書をどの程度細かく記述する必要があるかわからない。
  • オフショア開発を検討しているけれど、コストが膨れる心配があるので利用に躊躇している。
  • ソフトウェアの開発だけでなくテストもオフショア先で行いたいが言葉や品質に心配がある 。
オフショア開発型品質支援 サービスのご紹介

のオフショア開発型品質支援なら

  • 品質分析でオフショア開発品質の不安を解消

    SHIFTでは、オフショア開発における品質の不安や不満を解消するために、要件定義書、基本設計書、テスト仕様書、テスト結果報告書などのドキュメント類から、品質状況を分析。次期開発で、どうすればより高い品質を実現できるか、有効的な手法を提案することが可能です。

  • 上流工程から根本的な改善を行い、品質向上

    開発の上流工程でインスペクターが仕様書を精読し、標準チェック観点から欠陥を洗い出すことで、仕様書記述の見直しに繋がり、バグの混入を未然に防ぐ効果があります。更に、開発先がベトナムの場合、ベトナム語に正しく翻訳されているか、情報の抜け漏れがないか、日本語・ベトナム語間の翻訳確認も行います。

  • オフショア開発のマネジメント手法を標準化

    SHIFTでは、これまでの開発経験からオフショア開発ならではのマネジメントの知見を蓄積し、標準化しています。円滑なプロジェクト運営により、オフショア開発でありがちなコスト増加のリスクを低減することが可能です。また、日本人人材がPMOとしてお客様をサポートします。

  • 日本の品質基準でオフショア開発の品質を向上

    SHIFTはアジアにおけるソフトウェアテストのリーディングカンパニーとして、ベトナム子会社でも日本品質を実現しています。開発先がベトナムの場合には、受入れテストもベトナムで実施。開発者とテスターが母国語で作業できるため、コミュニケーションコストを下げることができます。

4つの特長

01

SHIFT ASIAとの協業体制で開発を支援

SHIFT ASIAとの協業体制で開発を支援

SHIFTは日本国内だけではなく、ベトナムにも拠点を持ちます。それが「SHIFT ASIA」です。「SHIFT ASIA」のスタッフは現地事情に精通し、語学堪能。日本語、英語、ベトナム語で、お客様の開発をサポートすることが可能です。

02

エンジニアが重要な開発に集中できる環境を実現

エンジニアが重要な開発に集中できる環境を実現

SHIFTでは、オフショア開発プロジェクトの上流工程はもちろん、機能テストから非機能テストまでも支援。貴社のエンジニアは品質管理などの細かい実務をする必要がなくなり、本来行うべき、開発や企画などの業務に集中できます。

03

英語が必要なテスト設計・実行もサポート

英語が必要なテスト設計・実行もサポート

オフショア開発では、ドキュメントやコミュニケーションにおいて、英語が必要になる場面が多くあるのも事実です。SHIFTやSHIFT ASIAなら、英語で記載された開発要件を理解し、英語によるテスト設計、実行を行うことができる人材がお客様を支援します。

04

リアルタイムにテスト進捗を把握し問題を早期発見

リアルタイムにテスト進捗を把握し問題を早期発見

SHIFTが参画するプロジェクトでは、統合型ソフトウェアテスト管理ツール「CAT」を活用し、テストの進捗状況を可視化。お客様ともリアルタイムにテストの結果と進捗状況を共有することができるため、発見した不具合に早期対応することができます。

関連サービス