QCDとは?その派生語、改善方法や優先順位を解説

  • ソフトウェアテスト・品質保証

QCDとは?その派生語、改善方法や優先順位を解説

お役立ち資料

目次

QCDとは

QCDとは、製造業において重要な三要素「Quality(品質)」、「Cost(費用)」、「Delivery(納期)」の頭文字をとったビジネスでよく用いられる用語の一つです。この用語は、昨今ソフトウェア開発のプロジェクトにおいても同様に重要視されています。
ご存じの方も多いかもしれませんが、まず、それぞれの意味も含めてご紹介しておきます。

QCDの意味の図

一般的には、QCDの要素を高めることでビジネス(プロジェクト)を成功に導くことができるといわれており、逆に一つの要素でも問題があるとビジネスは成功しにくいといわれています。
品質、コスト、納期それぞれについて、問題がある場合の例としては次のようなものがあげられます。

品質が低い場合

コストが低く短納期で作り上げることができても、品質が低いことが要因となり使い手が満足しないという結果を招くことがあります。

コストが高い場合

品質が高く使い手を満足させることができても、コストが高いことが要因となり、利益が出ず採算が合わないということがあります。

納期が遅い場合

コストが低く品質が高くても、納期が遅い場合は、ライバル企業に先に市場を奪われてしまうことや、お客様が製品やサービスを手にする機会を逃してしまうということがあります。

以上の例のように、QCDは基本的にトレードオフの関係を持っているといえます。
改善策に応じて影響の大小はありますが、一般的には一つの要素を優先するあまりに、ほかの要素が犠牲になってしまうということがあります。

例えば、改善したい要素に対して他の要素が影響してしまう事例としては次のようなものがあります。

品質を高める場合

新たな取り組み(予定していないタスク)を行い、品質を向上させた結果、
予定していないタスクを行うためコストが増え、納期が遅れるといった影響が出る

コストを下げる場合

タスクに対して予定よりコストの低い人員をアサインした結果、
予定よりコストの低い人員に対応させるので品質が下がったり、納期が遅れたりする

納期を縮める場合

予定していたタスク量を減らす、または人員を追加し納期を早めた結果、
予定していたタスク量を減らす場合は品質が下がり、人員を追加する場合はコストが増加する

この例からもわかるように、QCDという観点でビジネスを成功に導くためには、
要素間の関係を理解し、バランスを保ちながら、他の影響を考慮しつつ改善していくことが重要といえます。

ソフトウェアテスト入門講座

※ご登録いただくとその場で無料動画の視聴が可能です。
株式会社SHIFTが運営するソフトウェアテスト・品質保証の人材育成を手掛けるヒンシツ大学のお試し講座「ソフトウェアテスト入門」をご視聴いただけます。ソフトウェアテストの目的、役割といった基礎知識を学びたい方におすすめの入門動画です。

※ご登録いただくとその場で無料動画の視聴が可能です。
株式会社SHIFTが運営するソフトウェアテスト・品質保証の人材育成を手掛けるヒンシツ大学のお試し講座「ソフトウェアテスト入門」をご視聴いただけます。ソフトウェアテストの目的、役割といった基礎知識を学びたい方におすすめの入門動画です。

ダウンロード

QCDの種類 QCDS、QCDF、QCDE、QCDSE

QCDの種類のイメージ

QCDに近い用語は、ビジネス現場では様々に用いられています。ここからは、それぞれの用語について簡単にご紹介していきます。

QCDSとは?

Quality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)に加え、Service(顧客対応)の要素を追加したものです。
製品評価における指標の一つで、Service(顧客対応)が良い状態は顧客へのサービスやサポートが十分であるということを指しています。

QCDFとは?

Quality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)に加え、柔軟性(Flexibility)の要素を追加したものです。
製品評価における指標の一つで、柔軟性(Flexibility)が良い状態は顧客のオーダー変更に対する対応力が十分であることを指しています。

QCDEとは?

Quality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)に加え、Environment(環境)の要素を追加したものです。
製品評価における指標の一つで、Environment(環境)が良い状態は製造過程において環境負荷が小さいことを指しています。

QCDSEとは?

Quality(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)に加え、Safety(安全性)とEnvironment(環境)の要素を追加したものです。
建築施工業界における指標の一つで、Safety(安全性)が良い状態は製造過程において安全確保ができているかを指し、Environment(環境)が良い状態はQCDEと同様に環境負荷が小さいことを指しています。

その他QCDの派生語

QCDの概念は製造業・ソフトウェア開発にとどまらず他業界でも普及しており、業種によっては派生語も誕生しています。
基本的な考え方(重要な要素でトレードオフの関係)はQCDと同じで、業界に応じてQCDと同等に重要と考えられる要素を追加して用いられています。また、要素の優先順位を明示するために、頭文字の順序を変えることもあります。

関連サービスについて

QCDの改善方法

QCDの改善については先に少しだけ触れましたが、ここではもう少し詳しくその内容についてご紹介していきます。

QCDの改善の4ステップのイメージ

QCDのバランスを保ちながら改善するには「現状把握」、「施策検討」、「施策実施」、「効果検証」と大きく4ステップに分けて進めることが好ましいといえます。
また、改善すべき課題が何なのかが明確にならないと、施策を講じた際に他の要素に思わぬ影響を及ぼしてしまい、結果として期待した効果が得られない可能性も否めないため注意が必要です。

QCD改善のステップ

QCDを改善するステップの詳細は次の通りです。

ステップ1.現状把握

現状のプロセスとQCD課題を把握する
把握する際は可視化し、議論できるようにする
また、過去に施策を実施している場合はヒアリングし、どこまでできているかも確認しておく

ステップ2.施策検討

現状把握によって可視化した内容を基に施策を考案する
施策を決定する際はQCDへの影響を十分に整理したうえで決定する

ステップ3.施策実施

施策検討によって決まった施策に取り組む
施策開始前後で改善度合いの評価指標を決めておく

ステップ4.効果検証

施策実施の結果が期待通りのものであるかを評価する
期待通りでない場合は原因を検証、新たな改善につなげていく

QCDの優先順位

品質のイメージ画像

QCDは前述した通りバランスが大事ですが、実は優先順位もあります。ここでは、その優先順位についてご紹介していきます。

品質は最優先

最優先はQuality(品質)とされており、その理由は、要求される品質を満たさなければビジネスとして成り立たないためです。いかに安く、早くつくりあげたとしても品質に問題がある場合は顧客の評価をえることがむずかしくなってしまいます。

コストと納期は状況に応じて

品質の次に優先される要素は、要求や状況によって順位が変わります。製品が使用される日が決まっている場合は納期を守る必要があり、コストより納期を優先する。予算が決まっている場合は、コスト増加ができないので納期よりコストを優先するという具合です。

関連サービスについて

まとめ

QCDやそこから派生した用語は、いずれもビジネスを成功させることを目的として用いられています。業種によって特徴的な要素が加わるものの、その神髄が要素間のバランスをいかに保ちながら改善を続けていくことにある点では共通しているといえます。
自社のビジネスにとって、どの要素の優先度が高く、顧客や市場のニーズに沿った製品やサービスをリリースするにはどの要素から手を付けるのがよいのか、改めて考えてみるのもよいかもしれません。

資料ダウンロード/動画視聴

関連コラム

Top
緊急アイコン

緊急対応が必要な方

お客様からクレームが発生している、不具合が頻発しているなど、緊急で対策が必要な方はすぐにご連絡ください。

TEL 0120-142-117

受付時間 平日9:00 - 18:00

TEL 03-6809-2979

フリーダイヤルをご利用できない場合は、
上記電話番号におかけください。