お問い合わせ

年間4000プロジェクト、1800社を超える取引実績によるノウハウをもとに、最適なご提案をさせていただきます。
お急ぎの場合は数営業日での対応可能です。まずはお気軽にご相談ください。

よくある質問

  • Q テストエンジニアを採用することで、コストを抑えることはできますか?

    • 業界トップクラスの受検数(5万人)のCAT検定を活用し、高得点のテストエンジニアを採用。そのテストエンジニア適性のある人材は生産性2.5倍。既存エンジニアのテスト実行に比べて実質コストは50%以下まで抑えることが可能です。

  • Q 見積にはどれくらいの時間を要しますか。

    • お急ぎの場合、数営業日での対応も可能です。できる限り時間に余裕をもってご依頼ください。

  • Q 弊社のプロジェクトに関わっていない外部の方にテストをお任せすることに不安があります。

    • 年間4,000プロジェクト、1,000社を超えるお客様とのお取り引きの実績があり、金融、流通、通信・製造などのあらゆる業界で活躍しております。年間1,000人以上の採用を行っており、各業界のプロフェッショナルが、プロジェクト成功を実現しています。

  • Q 開発ドキュメントがなくてもテスト仕様書の作成が可能でしょうか?

    • 900項目のテスト観点を保有しているためオブジェクト単位でのテスト設計が可能となります。またその観点については年間4,000プロジェクトを通して、90万件の不具合をナレッジ化しており新たな観点などを追加しています。

  • Q テスターへのインプットに時間がかかり、結局進⾏が遅くなるのでは︖

    • システムの全貌をキャッチアップしなくてもテスト実行可能な細かい粒度でテスト項目を作成するため、テスト実行メンバーのインプット工数は最小限で済みます。

  • Q 開発した人がテストしたほうが早いのでは?

    • 弊社は製造業コンサルティングで培ったメソッドの標準化、分業化を活用し、その業務に素養のある人材を採用することで効率化を図っていくことを得意としております。開発でも、モノづくりをする人と、つくったものが正しく動いているかどうかを確認する素養は別のものであると判断し、テストに向いた人材の育成を行っております。実質生産性は2.5倍ほど変わってきます。