日本語 English

お問い合わせ

ユーザビリティテスト

BtoC向けスマホアプリやビジネスアプリケーション、などのサービス課題を解決

こんな課題解決をサポートします!

  • アクセス解析からUI改善を試みているが、コンバージョン率が上がらず困っている。
  • グループインタビュー、顧客満足度アンケートを実施するが、課題の原因がわからない。
  • ユーザーテストの対象となるユーザーが見つからないためデータ収集ができない。
ユーザビリティテスト

ユーザビリティテストなら

なら
  • ユーザー心理データの活用で、コンバージョン率を改善

    SHIFTのユーザビリティテストではユーザー心理データを取得することで、アナリティクスや顧客満足度調査ではわからない「なぜ」を解明します。Webサイトやアプリのコンバージョン率を改善するためのユーザーデータを取得できます。それにより、Webマーケティングで成果を出すことが可能です。

  • 課題を可視化した分析レポートで原因を追究

    ユーザビリティテスト時に撮影した動画、音声データを第三者として客観的かつ公正にチェック。課題を抽出し、根本的な原因を追究します。さらに評価基準を定義し、ユーザーの心理とサイトやアプリの課題を可視化。更に、解決すべき課題の優先順位をつけた分析レポートも提供します。

  • 難易度が高いセグメントユーザーのデータ収集も可能

    SHIFTでは、多種多様なWebサービスの利用経験があるテスターから、ゲームの重課金ユーザーまで、幅広いテストに柔軟に対応できる約15万人ものテストユーザを確保しています。更に、今まで集客が困難であった、ビジネスアプリのユーザー定性データに関しても収集を可能としています。

3つの特長

01

最短3週間でユーザビリティテストを実施

最短3週間でユーザビリティテストを実施

テスト設計、実施、分析まで、お客様をサポートします。テストのプロフェッショナル集団であるSHIFTのリソースや、さまざまなテスト管理で培ってきた知見を活用することで、ユーザビリティテストの効率化が可能。発注から最短3週間でテストが完了します。

02

ユーザーの行動心理を捉えたデータを収集

ユーザーの行動心理を捉えたデータを収集

SHIFTでは、ユーザー分析に必要な情報の録音・録画環境など、調査環境を整備した全国のリモートユーザから情報収集を行います。ユーザーの行動・発言の観察を行い、ユーザー心理データを収集・分析することで、テスト対象の課題を可視化することができます。

03

仮説設定、タスク設計、実施、レポートまでお任せ

仮説設定、タスク設計、実施、レポートまでお任せ

効果的なユーザーテストのため、お客様の課題から詳細にヒアリングを実施。その結果を基に、2500以上のサービス検証実績から培ったノウハウを活用し、仮説設定、タスク設計を実施。実施後のレポートもコンサルティング発のSHIFTが作成するので、課題分析の品質が高いレポートを作成します。

関連サービス