JapaneseEnglish

Contact Us

UXエキスパートレビューのご紹介

BtoBのシステム、BtoCのアプリでも定量・定性評価で、UX品質の課題と改善方法を提示

UXエキスパートレビューとは?

いま、貴社で取り組んでいる開発中のシステムやリリース済みの製品のUXの品質基準は明確ですか?

 

UXエキスパートレビューは、専門家が経験則やガイドラインに基づき、使いやすさを評価するヒューリスティック評価の1つで、UX専門家が利用者の視点に立ち、対象となるシステムやサービスを評価、現状の問題点を発見するものです。

 

SHIFTのUXエキスパートレビューでは、画面設計などの表層的な使いやすさを対象とした狭義のユーザビリティ評価だけではなく、利用者視点での利便性やわかりやすさ、業務の効率など総合的に評価を行います。

 

UXエキスパートレビューの報告書は、UXを推進するお客様にとって頼れる情報源として利用いただくことが可能です。

UXエキスパートレビューの役割

UXエキスパートレビューは、対象となるシステム・アプリケーション・ソフトウェア・デバイス・装置など、UXの観点でどの程度基準が満たされているか、定量的に明示します。定量的にわかることで、現状把握だけではなく、今後の取り組みの指標としても利用できます。

 

また、UXエキスパートレビューでは問題点と合わせて、その理由や考え方を解説します。UXの問題点が感覚的な評価になってしまいがちな部分を、人間中心設計専門家の協力などを得て明確にできるため、同じミスや問題の再発を防ぐことも可能です。

 

問題点を明確にしたうえで、課題解決や対策に向けた具体的な改善案をご提示します。改善案では具体的な対応方法を明確にしますが、ケースによっては技術的な改善提案だけでなく、状況に応じて利用者の不利益にならないよう運用で改善する方法をご提示する場合もあります。

 

利用者視点で徹底的に評価された結果に基づき、改善案につなげることが可能です。

SHIFT solves these problems!

  • 画面の評価だけでなく、UXの広い観点から評価したい、見直したい。
  • UI/UXに問題がありそうなので、その原因を明確にしたい。
  • 短期間で課題の発見と改善方法を明確にしたい。
  • お客様の声で改善を望まれているが、何から手をつけていいかわからない。
  • バージョンアップや新製品開発に配慮すべき内容を明確にしたい。
SHIFT

UXエキスパートレビューのご紹介

Features
  • UX品質ガイドラインで評価

    評価のベースとなっているUX品質ガイドラインは、SHIFTがテストで培った多くの不具合情報、社内外の人間中心設計専門家の協力、文献・論文・規格、また利用者の利益に配慮された記述(ダークパターンの抑止)などに配慮し作成し、標準化したものです。UX品質ガイドラインを利用することで、網羅的な問題点の抽出が可能になります。

  • ペルソナとシナリオでブレない利用者視点

    利用者像を明確にするためペルソナを利用します。また、利用文脈を正しく理解できるようにシナリオを用意します。UX専門家がペルソナとシナリオ、UX品質ガイドラインを用いた評価により、ばらつきや漏れ、無駄の少ない評価を実現します。ペルソナとシナリオの作成はさまざまなテスト実績をもつSHIFTのノウハウを活用し、ご依頼者の負担を軽減しているのもSHIFTのUXエキスパートレビューの特徴です。

3つの特長

01

定量的・定性的に評価するためわかりやすい

定量的・定性的に評価するためわかりやすい

UXはどうしてもあいまいで感覚的なものという意識がないでしょうか?利用者像を明確にしたペルソナと利用文脈としてのシナリオを作成し、UX品質ガイドラインに基づいた観点によって、利用者の視点から評価を行うため、定性的でもブレない評価が可能です。UX品質ガイドラインを用いることで集計結果を出すことが可能なため、最終的な定量評価が可能です。定量評価と定性評価により、正確な現状把握と課題の明確化が可能です。

02

根拠のある解説で納得しやすい

根拠のある解説で納得しやすい

評価を実施するUXエキスパートの個人的な感覚だけを評価基準にしていません。UX品質ガイドラインは観点だけではなく、考え方や判定に至るまで詳細に記述されたガイドラインになっています。問題点として指摘したポイントについて、しっかり解説を行います。利用者像としてのペルソナや利用文脈としてのシナリオの、どのポイントがUX品質ガイドライン上での問題なのか、ブレない指標に基づいて納得感のある解説を行うことが可能です。

03

評価対象と実施タイミングの幅が広い

評価対象と実施タイミングの幅が広い

評価対象の実績として、BtoB、BtoCの分類については全く問題なく対応可能です。また、アプリケーション、ウェブシステムなど動作環境、スマホ、PC、タブレットなど端末環境も柔軟に対応可能です。IoTデバイスや組み立てた装置においても評価が可能です。またUXエキスパートレビューを実施するタイミングも、設計図しかない設計段階の評価から、モック、リリース前のテスト、リリース後の運用段階などいずれの開発フェーズでも対応可能です。UXの推進で悩んだときにUXエキスパートレビューを行うことで、次のステップへ進めることが可能です。

Related service

関連事例