日本語 English

お問い合わせ

インフラ基盤テスト

インフラ基盤構築時のテスト進捗管理も可視化することで品質向上

こんな課題解決をサポートします!

  • インフラ基盤構築のテスト進捗管理が煩雑で記入漏れがみつかった。
  • テスト工程が終了間際になって、テストのエビデンスが揃っていないことが発覚した。
  • 網羅性の低いテストにより、テスト工程での手戻りが多くて困っている。
インフラ基盤テスト

インフラ基盤テストなら

なら
  • インフラ構築の試験工程の進捗状況もリアルタイムで可視化

    大規模開発でも、いまだに表計算ソフトを使用してインフラテストの進捗管理を行っているプロジェクトが多数あります。SHIFTでは、テスト管理の専用ツールである“CAT”をインフラテストでも導入することでリアルタイムな進捗管理を行い、テスト項目表への記入漏れ等を防ぐことが可能です。

  • テスト項目とエビデンスを紐づけすることが可能

    ログやテスト実施の画面キャプチャといったテストのエビデンスをテスト項目に正確に紐づけて管理することは属人的な作業なため抜け漏れの多い作業となります。SHIFTでは、エビデンスとテスト項目を紐づける管理ツールをテスト工程にて活用するため、エビデンス漏れを防ぐことが可能です。

  • 独自の標準観点に基づいた網羅性の高いテストケースを作成

    インフラ基盤構築は担当エンジニアの勘や経験に頼るという属人化の傾向が強く、テストの網羅性が低くなり手戻りが発生します。SHIFTでは、独自のテスト標準観点に基づいた網羅性の高いテスト設計を行うことにより、手戻りを防ぐことが可能です。

3つの特長

01

遅滞なくスムーズなインフラリリースを実現

遅滞なくスムーズなインフラリリースを実現

インフラ構築の際に煩雑になりがちな進捗確認やエビデンス管理をSHIFTがサポートすることで、エンジニアは本来の業務にリソースを集中させることが可能になります。その結果、大事なインフラリリースを遅滞なくスムーズに実現することができます。

02

テストの自動化によりリードタイムを削減可能

テストの自動化によりリードタイムを削減可能

SHIFTでは、インフラ基盤テストでも自動テストサービスの導入支援が可能です。自動テストサービスを導入することにより手作業を減らすことで人為的なミスを防ぐことができ、更にインフラリリースまでのリードタイムの削減を実現します。

03

セキュリティ診断や性能改善などの専門体制も完備

セキュリティ診断や性能改善などの専門体制も完備

セキュリティ(脆弱性)診断・検査の専門企業SHIFT SECURITYや、アプリケーション/インフラ双方の性能改善に強みをもつAiritechなど、幅広い知識を持ったエンジニアを有しているため、インフラ基盤テスト以外でもお客様に併せた体制をご提案いたします。

関連サービス