プロジェクト運営(PMO)支援 サービスのご紹介

品質の専門家が、円滑なプロジェクト運営を実現

プロジェクト運営(PMO)とは

PMOとは、Project Management Office(プロジェクトマネジメントオフィス)の略称です。会社やチーム内のプロジェクトを横断して統制し、プロジェクトの進行を円滑に進めるための役割を担う部門および体制です。

プロジェクト運営(PMO)の役割や必要性・メリット

PMOには、プロジェクトマネジメントの標準化と業務支援やそれに関わる研修など人材開発、プロジェクト間のリソースやコストの各種調整などの役割があります。多くの企業はプロジェクトに対し、少数名のプロジェクトマネージャーが在籍していることがほとんどです。

 

しかし、プロジェクトマネージャーが担う業務は広く、意思決定や管理業務を少人数で行うことが困難な場合が多くあります。そういった課題に対し、外部のパートナー会社からPMOを参画させるケースもあります。このような場合、PMOは自らプロジェクトマネージャーとして動き、在籍しているプロジェクトマネージャーのサポート役としての役割も担います。

 

PMOの存在は、プロジェクト現場と経営陣、双方にとってメリットがあります。

 

プロジェクト現場におけるメリットは、スキル・ノウハウの豊富なコンサルタントがプロジェクトを円滑に進めるために、ベストな手法を共有、伴走しながらサポートできる点です。ステークホルダーやベンダー間の調整、サービスの品質、社内リソース確保・調達を行いプロジェクトの遅延を最小限に抑えることも可能です。

 

経営陣が得られるメリットは、大小さまざまなプロジェクトマネジメントができる人材を自社で育成できる点です。プロジェクトマネジメントを行うために必要な基盤や手法・知識を統一するためのノウハウをプロジェクト間で共有できるため、人材育成の基盤が整います。 このような人材育成には、現場で真に役立つ品質向上に対する考え方を教育できるプログラム「ヒンシツ大学」でも実現できます。  

プロジェクト運営(PMO)支援サービスとは

PMOを社内でのリソースのみで立ち上げるのは難しいため、外部のパートナー会社の支援サービスを利用するケースもよくみられます。

 

PMO支援サービスでは、プロジェクトマネジメントにおけるスキル・ノウハウ豊富なコンサルタントが、プロジェクトの上流工程から参画し、プロダクトリリース後の運用までを見据えてサポートします。マネージャーと一体となってプロジェクトの成功に向けた運営と精緻な管理を行い、またスキルやノウハウを共有しプロジェクトマネジメントができる社内人材の育成も担当します。

こんな課題解決をサポートします!

  • 開発ベンダー任せで品質状況がブラックボックス化し、受入テスト段階で多くの品質問題が発覚した。
  • 大規模なプロジェクトのマネジメントを行える人材が社内にいないため、困っている。
  • ステークホルダー間・ベンダー間の調整がボトルネックとなり、プロジェクトが遅延してしまう。
プロジェクト運営(PMO)支援 サービスのご紹介

のプロジェクト運営(PMO)支援なら

  • 品質担当PMOとしてプロジェクトの納期、品質に貢献

    複数のベンダ―が参画したマルチベンダープロジェクトでも実績のあるSHIFTが、品質担当PMOとしてレビュー 実施状況の監視・評価や成果物のテストを行うことで、品質を可視化し、上流工程で問題を検出。早期に施策を施して下流工程への問題流出を防止し、納期通りのリリースを実現します。

  • プロジェクトマネージャー代行として包括的に支援

    システム構築プロジェクトでは、お客様がプロジェクト計画の策定と進捗・課題・変更要件の管理などをする必要があります。SHIFTのPMが、PM代行(PMO)としてプロジェクトを包括的に管理・推進。開発ベンダーに一任することなく、発注側主導でQCDをコントロールします。

  • プロジェクト開始からリリースまで、トータルコーディネート

    SHIFTでは、テスト以外にもリリースに向けた包括的な支援が可能です。業務要件やシステム仕様を把握し、業務部門と直接やり取りを行うだけでなく、業務運用における課題の解決推進や教育などまでサポート。システム部門の負荷を減らして、スムーズなシステム導入に貢献します。

4つの特長

01

「品質のプロ」の参画によりリスクを低減

「品質のプロ」の参画によりリスクを低減

独自のノウハウやツールを活用してリアルタイムで品質を把握し、問題があれば上流工程で対処。プロジェクト運営で重要な3つの要素「QCD」のうち、Q(品質)をしっかりと担保することで、コスト増加や遅延のリスクを低減させ、C(コスト)とD(納期)を予定内におさめます

02

マルチベンダープロジェクトの運営がスムーズ

マルチベンダープロジェクトの運営がスムーズ

複数ベンダーがシステムテストをそれぞれで実施する際にはルール策定やテスト運営、障害対応を考慮した再テストの設定などの専門知識が必要です。SHIFTでは数多くのプロジェクトに参画し、ノウハウを蓄積しているため、マルチベンダープロジェクトのスムーズな運営が可能です。

03

プロジェクトを包括的に支援が可能

プロジェクトを包括的に支援が可能

大規模開発では、プロジェクト運営だけではなく設計書のレビューによる品質チェックや納品プログラムの受入テスト計画・実施などに、多くの人員とノウハウが必要です。SHIFTはプロジェクト運営のほかに、状況に応じたテスト体制の構築、業務部門との連携などまでサポートします。

04

お客様の負荷を軽減し、コア業務に注力可能

お客様の負荷を軽減し、コア業務に注力可能

プロジェクト運営とテスト領域をSHIFTが包括的に支援することで、お客様の負担を劇的に軽減することが可能です。IT企画業務・システム要件の確定・業務部門への説明や調整など、お客様のエンジニアがコア業務に注力することでより効率的なプロジェクト推進につながります。

関連サービス

関連事例