日本語 English

お問い合わせ

不当表示対策“SHIFT ALERT”

多様な不当表示対策サービスで、ゲームの法的リスク回避を支援

こんな課題解決をサポートします!

  • ユーザーにガチャやキャラクターの魅力を伝えたいが、訴求文言のリスク判断ができない。
  • 自分たちで不当表示のチェックはしているが、そのチェックが十分かどうか不安。
  • 不当表示の対策をしたいのだが、社内に景品表示法違反に詳しい専門家がいない。
不当表示対策“SHIFT ALERT”

不当表示対策“SHIFT ALERT”なら

なら
  • ユーザーへの訴求文言に、不当表示リスクが存在しないか検証

    ガチャやキャラクター、ショップに関する説明や訴求文書が、過剰な表現や不当な表示でないか検証。景品表示法違反の恐れがある訴求に対しては、お客様に注意(アラート)をあげ、売上やブランドイメージの損失など、多大なリスクとなる前に、改善のサポートを行っていきます。

  • 最新事例をもとにした、不当表示チェックと改善提案

    景品表示法における不当表示チェックをお客様が行うと、改善の必要性に気づかずリスクのある訴求をしている場合があります。SHIFTでは、多様なプロダクトの訴求確認や訴求文言の改善提案を行う専門スタッフが対応。豊富な最新事例や過去事例をもとにリスク判断を行います。

  • 「不当表示対策の専門部隊」による不当表示チェック

    不当表示対策の専門部隊は、常時30名のメンバーにより構成。50種類以上のアプリケーション、3,000件を超えるガチャ・セールなどの対応実績をもち、お客様に安定したサポートを提供するため、専門スタッフが訴求における法的リスクの洗い出しから修正案の提示まで対応します。

2つの特長

01

依頼しやすい価格で必要な分だけ対策が可能

依頼しやすい価格で必要な分だけ対策が可能

「SHIFT ALERT」は、低価格で行うことができる訴求文言のみのリスクチェックから、UIや実挙動まで含めた確認まで、ニーズに応じたサービスの提供が可能。リスクの高い周年施策や季節イベントのみの対応など、施策単位で必要な分だけ依頼ができます。

02

ユーザーから支持を得られるゲームへ包括的に提案

ユーザーから支持を得られるゲームへ包括的に提案

ゲーム提供でユーザーの支持を得るためには、景品表示法に準拠した正しい表記が欠かせません。SHIFTでは各種レギュレーション・ガイドラインにもとづいた検証までサービスを拡充。よりユーザーに長く楽しんでいただくために、ゲームの魅力を高めるさまざまな提案を包括的に行います。

関連サービス