日本語 English

お問い合わせ

TCoE体制構築支援(Testing Center of Excellence)

品質保証業務を専門チームへ集約し、高レベルで均一な品質を実現

こんな課題解決をサポートします!

  • 担当者やプロジェクトによって品質にバラツキが出て困っている。
  • テスト工程の標準化を進めてみたが、各プロジェクト現場に定着させていくのが難しい。
  • 各プロジェクトの品質状況が共通の基準で見ることができない。
TCoE体制構築支援(Testing Center of Excellence)

TCoE体制構築支援(Testing Center of Excellence)なら

なら
  • 品質保証業務の標準化で属人化を防止

    テスト手法は属人化しやすく、担当者により品質にバラツキが出ます。SHIFTは品質保証業務のプロセス、観点、フォーマットを標準化。テスト計画の作成から設計書のインスペクション、各種テストの設計・実行まで、担当者の能力に偏らない均一化されたアウトプットの実現を支援します。

  • 標準化したテストを段階的に適用し品質データを蓄積

    標準化したテスト工程の浸透まで、SHIFTは支援します。標準化したテスト工程は、いくつかのプロジェクトで徐々に適用範囲を拡大することで、混乱なくプロジェクト現場に浸透させていきます。標準化範囲の拡大に沿って、SHIFTが第三者の立場で品質保証業務を実施し、品質データを蓄積していきます。

  • 蓄積した品質データで全社単位の品質コントロール

    品質保証業務(テスト計画の作成、設計書のインスペクション、各種テストの設計・実行)をSHIFTが担当する際、統一した手法でテストなどを実施し、共通の基準で品質データを蓄積。そのデータを可視化して管理・活用するため、全社単位で品質をコントロールしていくことができます。

4つの特長

01

豊富なノウハウを活用してテスト工程を標準化

豊富なノウハウを活用してテスト工程を標準化

テスト計画の作成、開発設計書のインスペクション、各種テストの設計・実行といった品質保証業務には、SHIFTのノウハウをまとめた独自の標準項目を活用。この標準項目にもとづいて、お客様の環境に適した標準化を行うことで、必要かつ十分なテストを実施することができます。

02

情報システム部門による受入試験が不要

情報システム部門による受入試験が不要

SHIFTが第三者の立場で品質保証業務を担うため、お客様の情報システム部門による開発ベンダー作成物の受入試験が不要となります。これにより、情報システム部門のエンジニアはコアコンピタンス(システム化戦略/企画など)に注力することが可能となります。

03

個々のテスト工数の変動を吸収することが可能

個々のテスト工数の変動を吸収することが可能

さまざまなプロジェクトでの品質保証業務をSHIFTの専門家チームに集約することで、各プロジェクトの各テスト工程における工数の変動を吸収することが可能です。柔軟に効率化を図ることで、スケジュールの遅延やコストの増加を防ぎます。

04

TCoE体制構築の経験豊富なエンジニアが支援

TCoE体制構築の経験豊富なエンジニアが支援

SHIFTでは、TCoE体制の構築実績がある経験豊富なエンジニアがお客様をサポート。標準化した品質保証業務の定着も、各プロジェクトを混乱させることなく段階的に実施します。お客様にTCoE体制の効果を実感していただきながら、体制構築を的確に進めていきます。

関連サービス