テスト管理ツール“CAT” サービスのご紹介


《実績多数!国内大人気ツール》
ソフトウェアテストを効率的に行うためのオールインワンテスト管理ツール

テスト管理とは

テスト管理とは、不具合の発生状況、修正状況、実施が必要なテストケースなどのテスト工程の進捗を管理することを指します。現場により管理手法はさまざまですが、Excelで集計・分析し、メールでプロジェクトマネージャーや受け入れ先に情報共有を行っている企業が多いのではないでしょうか。

 

テスト管理ツールを使用せずともテスト管理は可能ですが、テスト管理ツールを導入することで開発スコープをもとに定めたテスト工程とその工程の対象となるソースコードなどを紐づけて管理することや、リモートワークやオフショア開発の現場からも必要な情報に素早くアクセスできるようになるため、業務の効率化などにつながります。

なぜテスト管理ツールが必要なのか

Excelを使用した管理では、ポジションごとに以下のような課題があります。

 

マネージャーにおいては、情報共有の際に大量のファイルのやり取りが発生するため膨大な集計時間が必要になってしまうことや、テスト実行者からの報告があがってくるまで進捗が確認できないといった課題を抱えています。

 

またテスト設計者にとっては、Excel上での属人的な管理により過去のケースを引用・活用できず、効率的なテスト設計ができないうえに属人的な設計になってしまうことが挙げられます。

 

さらに、開発者やテスト実行者にとってもExcelを使用した管理における課題があります。開発者においては、テスト実行者からの不具合に関する報告の粒度にバラつきがあり、確認作業に時間を費やしてしまうケースや、実行者においては、不具合が発生した際のエビデンスを残す作業やその報告に工数がかかってしまうといった課題があります。

 

このような課題に対して、テスト管理ツールを使用し、テスト工程におけるあらゆる情報を一元管理することが有効です。

テスト管理ツールのメリット

テスト管理ツールを活用する一番のメリットは、「情報の包括的な管理」です。クラウド上でプロジェクト情報を一元管理することで部門や部署を飛び越え、主に以下のようなテストの情報を管理できるようになります。

 

プロジェクトのスコープとスケジュールの管理」「テストケースと結び付けた不具合情報の管理」「リアルタイムでのテスト進捗管理」「メンバーの生産性の管理」これらの情報を一元管理することができると、各ポジションの担当者が時間を費やしていた作業や情報共有の手間が大幅に減り、労力やストレスの軽減、コスト削減につながります。

こんな課題解決をサポートします!

  • 夕方にならないとテスト進捗が集計できないため、トラブルへの対応が遅れがちになってしまう。
  • Excelファイルを共有していると、ファイルがよく壊れてしまうのでなんとかしたい。
  • 開発チームとQAチームの利用ツールが異なっており、チームが分断されている。
テスト管理ツール“CAT” サービスのご紹介

のテスト管理ツール“CAT”なら

  • テストの進捗を自動集計・リアルタイムに可視化

    「CAT」ではテストケース、テスト実行、障害管理といったテスト工程の進捗がリアルタイムに可視化されるため、早期に問題の解決に取り組めます。また、メンバーや仕様書ごとの予実管理も可能。日々のテスト実行予定のケース数が把握でき、スムーズなプロジェクト管理を実現します。

  • クラウド上でプロジェクト情報を一元管理

    開発スコープとソースコード、テスト、障害などの重要な情報をすべて紐づけ、クラウドのツール上で確認することができます。リモートワークやオフショア開発の現場からも、必要な情報に素早くアクセスできるため、離れた場所にいても効率よくプロジェクトを推進することが可能となります。

  • 外部ツールと連携し、ひとつのプラットフォームで推進が可能

    「CAT」は数多くの外部ツールと連携するため、開発チームとQAチームでそれぞれ利用ツールが異なっていたとしても、ひとつのプラットフォームでブロジェクトを推進することが可能。情報や目的がチーム間で共有され、新しいアイデアや十分なコミュニケーションが生み出されます。

4つの特長

01

高度なカスタマイズ機能で幅広い活用を実現

高度なカスタマイズ機能で幅広い活用を実現

「CAT」では、柔軟なカスタムフィールド機能を搭載することにより、お客様自身で自由に画面項目を作成することできます。各開発プロジェクトに適した課題の切り分け品質分析の必要性等に応じて、データを登録することが可能です。

02

数多くの外部ツールとシームレスに連携

数多くの外部ツールとシームレスに連携

「Redmine」や「Slack」、「Github」など、数多くの外部ツールと「CAT」はシームレスに連携。普段使用しているビジネスチャット経由で、各メンバーにソースコードやチケットの更新、レポート情報等の開発に重要な情報を自動的に共有ができます。

03

安心したリモート・オフショア開発の推進が可能

安心したリモート・オフショア開発の推進が可能

「CAT」によりWeb上で開発の進捗が可視化されることで、リモートワークやオフショア開発のような開発現場が複数ある環境でも各現場で共通の進捗状況を把握して、効率的な不具合の修正が可能。その結果、製品リリースまでのリードタイムを短縮することができます。

04

シンプルな操作性で事前知識は不要

シンプルな操作性で事前知識は不要

「CAT」はユーザーフレンドリーなGUIで簡単に利用できます。また、WebでExcelのような操作性を実現したテスト設計画面となっているので、事前知識は不要です。テストケースも、既存のExcelをドラッグ&ドロップするだけで登録できます。

関連サービス

関連事例