Overview and Features

サービスの概要・特徴

ソフトウェア開発の計画から、テスト、運用保守まで、 すべての工程であらゆる自動化のニーズに対応

上流工程における、ツールを活用したテスト計画などのコンサルティングから、開発工程におけるフレームワークの導入や運用、環境構築に関するご支援までさまざまなサービスを提供します。

また、これまでの実績から蓄積した自動化技術を標準化し、テストタイプに応じたフレームワークとして保有。開発工程ごとのニーズに対応するテストの自動化、効率化を実現します。

テスト自動化とは

ニーズに合わせたさまざまなテスト自動化サービス
  • 自動化の導入範囲を
    適切に判断
    テストの内容や対象によっては、テスト自動化が想定外の工数を要し、逆効果を生む原因となる場合があります。
    SHIFTは、自動化を導入すべき箇所、手動テストを実施すべき箇所の切り分け、見極めを適切に行い、テスト全体を通じた効率化を実現します。
  • テストコードの
    量産体制を実現
    テスト自動化に取り組む場合、立ち上げのみは社内のエンジニアが対応できても、その後の運用や定着には長期的な体制の維持やノウハウが必要となります。SHIFTは、テスト自動化に関する専門的知見をもつエンジニアの安定的な供給と、テストコードの量産体制構築を実現します。
  • 効率的な保守・運用
    フローをご提案
    せっかくテストを自動化しても、検知した障害に正しく対応し、システムの仕様変更に応じて保守しつづけなければ価値を生みません。SHIFTでは、効率的な運用フローの提案から、インシデントの切り分け、テスト仕様へのフィードバックまで、継続的に自動テストの運用ができるようサポートします。

お役立ち動画を見る

解決できる課題

  • 回帰テストのためにコストをかけているが、毎回同じ内容なので自動化してコスト削減したい。

  • リリース内容の影響を受ける範囲に限ってテストを実施しているが、影響がないと考えていた部分で不具合が発生した。テスト自動化によって常にすべてのテストを実施して品質を確保したい。

  • 機能追加によりテストの量と範囲が増え、リリースが遅れがちになっている。テスト自動化によって、テスト工数を短縮し、リリースを早めたい。

  • 過去にテストを自動化したものの、担当者がいなくなったことで利用されていない。誰でも利用できるようにしたい。

Why SHIFT

選ばれる理由

  • 01
    第三者視点で、テスト自動化を主体的に推進
    第三者視点でテストや品質保証を支援するSHIFTだからこそ、既存の運用にとらわれないテスト自動化を提案、推進します。これまで支援してきたプロジェクトから培った自動化技術、さまざまなフレームワークにより、お客様に合ったテスト自動化の基盤構築をスムーズに実現し、成果を最大化することが可能です。
    第三者視点で、テスト自動化を主体的に推進
  • 02
    豊富なナレッジで、スムーズなテスト自動化を実現
    SHIFTには数多くのテスト自動化に関する実績があります。最先端の自動化技術も随時、取り入れながらナレッジとして蓄積、標準化。そのため、お客様に合ったテスト自動化をすばやく提案し実現します。
    自動化ナレッジ 効果的なツールを迅速に選定し、自動化を展開
  • 03
    充実した教育を受けた優秀な人材を供給
    SHIFTでは、数多くの自動テストツールの使用実績をもとに、ツールや技術の知見を体系化し、教育制度を構築。プロジェクトの各ロールに合わせた教育を実施し、エンジニアを育成することで、スキルを有した自動化エンジニアの安定供給を実現しています。
    プロジェクトに適したエンジニアを安定供給
  • 04
    お客様に合わせた最適なツールをご提案
    テスト自動化に必要な要素(自動操作・自動検証・自動報告・テスト実行管理・実行環境準備)を的確に把握し、対象となるテストのレベルやタイプに適したツールの選定を支援します。特定の自動化ツールのみを導入する販売ベンダーとは異なり、お客様に合わせて最適なツールを評価、提案することが可能です。
    対象となるテストのレベルやタイプに応じて、適切なツールを判断
自動化導入システム
300システム
以上
テスト自動化関連ツール
利用実績数
50ツール
以上

(自動化ツール、RPA、CIツール含む)

  • ※2022年8月末時点

Effect of Service Introduction

サービス導入による効果

  • リリースサイクルを短縮
    人手をほぼ介さず夜間・土日もテスト実行ができるため、リリース直前の回帰テストを迅速に実行しリリースサイクルを短縮できます。
  • 品質低下を着実に防止
    人手では実施しきれなかった量のテストを定期実行することで、着実にデグレードを防止します。
  • 長期的なコスト削減
    繰り返し実施することによって初期構築コストが回収され、コストメリットが得られます。
    ※ 目安は10回程度の実施

導入事例

導入事例をもっと見る

プロジェクトの流れ

  • フィジビリティスタディ
    既存のテスト手順の一部を自動化し、画面やテスト内容ごとの自動化の難易度や工数、期待される効果などをテストしレポート。
  • 自動テスト量産、自動テストCI環境構築
    フィジビリティスタディの結果をもとに自動化範囲を確定し、自動テストを量産。任意の日時やイベントにより自動テストを実行し、結果を管理できる仕組みを構築。
  • 自動テスト運用保守、スキルトランスファー
    自動テストを実行し、結果をレポート。アプリの改修によって自動テストが正常動作しなくなった場合はメンテナンスを実施。自動テストの開発、実行、運用方法についてレクチャーやトレーニングを実施。

サービスに関するご相談・お問い合わせはこちら

お役立ち資料

お役立ち資料をもっと見る

関連コラム

コラムをもっと見る

Top

まずは
無料相談

緊急アイコン

緊急対応が必要な方

お客様からクレームが発生している、不具合が頻発しているなど、緊急で対策が必要な方はすぐにご連絡ください。

TEL 0120-142-117

受付時間 平日9:00 - 18:00

TEL 03-6809-2979

フリーダイヤルをご利用できない場合は、
上記電話番号におかけください。