RPAワンストップサービスのご紹介

ロボ開発・運用を全面的にサポートし、安全なRPA導入を実現

RPA(Robotic Process Automation)とは

RPA(Robotic Process Automation)とは、パソコンで行っている定型業務をソフトウェアロボット(以下ロボット)によって自動化することを指します。

 

デスクワークで繰り返し行われているデータ入力やレポート作成といった単純、かつ一定のルールで行われている業務を自動化することで、業務効率の改善を図ることができます。

RPA導入のメリット

RPAを導入することで得られるメリットには、「自動化による業務効率の改善」「人為的ミスの減少」「コスト削減」の3つが挙げられます。

 

パソコン上で行う定型業務を一定のルールに沿って自動化することによって、これまでの担当者は他の業務を遂行できます。また、単純な業務を行うための人材を必要としなくなるため、人件費の削減も可能です。

 

他にも、自動化するにあたって業務そのものを見直すことで非効率な作業工程が浮き彫りになり、改善を検討する機会にもなります。さらに、入力ミスや計算ミスなどの人為的なミスが減るため、ミスを確認する時間や修正を行う時間の削減も期待できます。

RPA導入で着目すべきポイント

RPA導入の際に課題となるのは「不具合や業務変化に耐えられず、ロボットが止まる」「保守性や標準化を考慮せず、手離れが悪い」などが挙げられます。 

 

これらの解決のためにRPA導入で着目すべきポイントは以下の3つです。

 

・ロボットの機能

・作業プロセス

・エラー検知と処理の継続

 

まず、RPAによって導入したロボットが正しく動作するか否かを確認しなければなりません。また、手順内でロボットの操作対象になるソフトウェア(例えばExcelなど)の設定が適切か否か確認する必要もあります。

 

ロボットに実行させる作業は、ファイルを開くといった「単純な処理」に留めておき、複雑な処理はExcelの関数やマクロを使うなども多くあります。高度な処理をさせるための複雑なロジックは、Excelで処理するよりも開発効率が落ちる可能性があります。さらに複雑な処理は不具合が出るリスクも高いため、ロボットの機能をふまえ、どの作業までをRPAツールで実装すべきかといった判断も重要になります。

 

次に、RPAによって置き換えた業務で、アウトプットが変わらないかどうかも確認する必要があります。

 

ロボットに作業を置き換えた時に、手順を変更して作業を効率化したとしても、結果が変わってしまってはその後の業務に差し支えます。そのため、RPAに置き換える前に人が作業した結果とロボットが作業した結果を突き合わせ、作業プロセスの結果が変わらないことを確認する必要があります。

 

最後に、エラー検知と処理の継続的な実施のために意図的にエラーを発生させて確認を行うことも必要です。

 

例えば、Webシステムの応答が遅延する、実行中にオペレーティングシステムのアップデート処理が行われるなど、エラーとして想定される状況を発生させます。そこでロボットがエラーとして検知できるかどうか、またエラーで停止した際にも人が検知し実行を再開すれば、処理を継続できるのかなどを事前にテストしておくことが重要なポイントです。

こんな課題解決をサポートします!

  • そもそも「RPA」が、どのような業務に活用できるのか判断することができない。
  • RPAに詳しい人が社内にいないため、ロボットの作成に工数がかかってしまっている。
  • RPAを導入したものの、ロボットが止まると誰もメンテナンスすることができない。
RPAワンストップサービスのご紹介

のRPAワンストップサービスなら

  • RPAで効率化できる業務を特定して提案

    RPAを適用できる業務は、帳票作成からシステム連携まで多岐にわたり、対象業務によってエラー発生時に停止しないロボなのか、止まればよいロボなのかなど、適用する方針が変わります。SHIFTなら、RPAで効率化できる業務を洗い出し、適用方針を提示することが可能です。

  • ロボット開発や幅広いRPAツールに精通した人材が対応

    多くのRPAツールは、テスト自動化ツールから発展したものです。SHIFTはテスト自動化について圧倒的なノウハウを保有しているため、幅広いRPAツールに対応することが可能。RPAエンジニアも豊富に在籍しているので、お客様が求める体制を構築し、RPA導入をスムーズに行います。

  • ロボットの診断やメンテナンス、サポートも実施

    RPAはリリースしてからが始まり。ロボは連携しているシステムや業務内容の変更によって止まってしまうデリケートな存在です。SHIFTでは、ロボが止まりやすいポイント・トラブルのポイントを診断し、メンテナンスやサポートを継続的に行うことでロボットの停止や事故を未然に防ぎます。

3つの特長

01

要件定義から運用保守までワンストップで支援

要件定義から運用保守までワンストップで支援

自動化できる業務の定義から、ロボット開発、テスト、運用保守まで、RPAに関する一貫したサービスを提供することが可能。さらに「業務のDX」実現に向けて業務をゼロベースで見直し、各業務を人・システム・RPAに配分して、改善後の業務生産性の計測まで支援します。

02

止まりにくいロボ・保守がしやすいロボを実現

止まりにくいロボ・保守がしやすいロボを実現

SHIFTはテスト事業のノウハウを転用し、ロボが止まる200の観点をナレッジとして整備。このナレッジを活かし、ロボが止まる確率を格段に減らすことを可能にしました。また、独自の診断項目を活用することで、ロボの構造に統制を効かせられるため、第三者が保守しやすくなります。

03

分業体制の導入により、リードタイムの短縮が可能

分業体制の導入により、リードタイムの短縮が可能

大規模なロボ開発を推進する場合、ユーザーの業務確認やシステムの時間調整などに時間を要し、費用対効果が出にくくなってしまいます。SHIFTは設計・開発・テストの工程を分業させることで効率的に開発を推進。他ベンダー様に比べて平均30%のリードタイム短縮 ※を実現しています。
※2018年9月~2019年2月にて、弊社クライアント(物流・金融・保険業界のお客様)より算出数値

関連サービス